スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読み終わった光武帝の研究/概論書

まだ私の知らないことが多少あった。どの本も間違いが多少あるのがちょっと残念なところ。

『汉光武帝刘秀传』
周淑舫
吉林人民出版社(2010)


フルカラーの光武帝伝。
小説も少し混じっている感じ。
奉の反乱の話があるのに結末がない!
統一までの話がほとんど。
三国志演義の光武帝版という印象。



『光武帝』
张树
中国社会科学出版社(2007)


列伝形式の光武帝伝。
民話もたくさん入っている。
劉伯姫の武勇伝が詳しい。
おそらく民話があるのだろう。
三番目の女性の許夫人の伝記まである。



『刘秀传(平装)』
黄留珠
人民出版社(2003)


詳しい研究書。
中間的な評価を与えている。
なかなか良書であると思うが、
共産主義歴史観が少しうざい。



『汉光武帝刘秀』
元庆
华文出版社(2010)


小説も少し混じっている。
光武帝即位までが詳しい。
即位から統一までは少ない。
隗囂戦詳しく、公孫述戦はあっさり。
三国志演義の光武帝版という印象。



『汉光武帝大传』
安作璋・孟祥才
中华书局(2008)


典型的な共産主義歴史観による光武帝伝。
能力は評価されているものの、
大地主扱いなので、不公平な印象が強い。



『东汉光武帝刘秀大传』
臧嵘
人民教育出版社(2002)


共産主義歴史観なしの光武帝伝。
非常に高い評価が与えられている。
光武帝ファン必見必読書!

スポンサーサイト
プロフィール

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。