スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光武帝の原稿の企画案

①企画趣旨
(光武帝の解説書の意義)
西暦一世紀の中国、光武帝による後漢建国の物語は、実は20年間の群雄割拠の戦国時代でもありました。農民大反乱に始まり、地方軍が首都を占拠して政権交代し、地方官を刷新するも、赴任した官吏や地方の豪傑が漢復興を掲げて挙兵し、乱世の幕が開ける――有名な『三国志』の全く同じ展開の乱世です。『三国志』の姉妹編であり、幻の三国時代と言うべきなのが、光武帝による後漢建国の物語です。

『三国志』は、今や単なる歴史物語に終わらず、キャラクターとして消費される世界ですが、後漢建国物語もそれに相応しいだけの面白さがあります。今回の私の原稿により歴史を解説し、人物像を面白く伝えることができれば、歴史物語を超えたキャラクター消費を生み出す新しい領域を開拓することができます。

光武帝について、日本では宮城谷氏、塚本氏の小説のみで未だに研究書一つありません。歴史の概説書で描かれる光武帝の解説も間違いだらけのままです。しかし中国では再評価が進み、『秀麗江山』という小説とドラマがヒットし、年に三冊以上のペースで伝記や小説が出るようになっています。『史上最も有能な皇帝』、『光武帝劉秀、完璧な王』、『王の中の王、神に等しい光武帝』というタイトルの解説書が出版され、中国史上No.1の英雄であるとの呼び声が年々強まっています。

(光武帝の面白さ)
光武帝劉秀は名君というよりは、映画やアニメ、漫画に描かれるヒーローに似ているのが特徴です。そのため光武帝の後漢建国物語は、ファンタジーゲームのようだと言われます。天の星座、二十八星宿の生まれ変わりと信じられた部下との関係は、君臣の関係というより美しい友情の物語。また同郷の美女陰麗華との純愛物語は七夕物語に似ています。

また歴史の本はしばしば偉人に学ぶというスタンスが多いと思いますが、それならば最も成功した人物に学ぶべきでしょう。光武帝こそは人類史上最も完璧に最大スケールで成功した偉人として知られています。中国では諸葛孔明から毛沢東まで有名な英雄の多くが、光武帝を理想のリーダーに挙げています。

夢は美しい許嫁陰麗華との平凡な田園生活。戦争どころか言い争うことすら嫌う青年劉秀、後の光武帝が、新王朝崩壊の乱世に家族を守るため剣を取って立ち上がったとき、歴史の奇跡が起きた。光武帝は、百万人の大軍を三千人で全滅させた伝説的名将で、将軍として自ら直接指揮し全滅降伏させた敵軍兵力の総数は実数で二百万人を超え世界記録。統一後は奴隷解放と法の下の万人の平等を宣布し、名も無き庶民を最優先とする政治を実践しました。人間の域を超えた勇者と称えられながら、残虐性が全くなく、責めるべきところがほとんど見つからない人物として知られています。

②目次構成案
グーグル、ヤフーなどで"光武帝"で検索したとき、ウィキペディア、ニコニコ百科に続いて表示されるのが↓私のホームページです

http://www.geocities.jp/kaysak864/k-omoshi.htm

↑ 上記のHPに公開されている600頁相当の原稿から、貴社の提示するタイトルや方針によって編集、修整、追加執筆したいと考えています。よって以下は、あくまでも例になります。基本的に時系列に沿って出来事を解説するため似た感じになりますが、内容は違います。180~240頁の書籍として、以下のa~e 案まで5つの目次案が可能であると考えています。もちろん、5冊全部書くことも可能です。

a案.『光武帝伝』
(光武帝の誕生から死までを解説。史書の考証を中心にした正確な伝記)
1.南陽劉氏
2.王莽政権の混乱
3.赤眉、緑林の挙兵
4.光武帝即位
5.天下統一の道
6.後漢の行政改革
7.劉秀の愛情と友情

b案.『冗談で皇帝になった男』
(光武帝個人と陰麗華との愛情を中心にした伝記。深読みの心理分析多め)
1.光武帝についての予備知識
2.表はお気楽学生、裏は侠客
3.百万vs.三千、昆陽の戦い
4.王郎、銅馬を倒して皇帝即位へ
5.戦場を駆ける皇帝、天下統一へ
6.平等主義者としての光武帝
7.家族愛と友情、超ハリウッド級ハッピーエンド

c案.『光武帝と二十八星宿 後漢の統一戦争史』
(光武帝の二十八人の家臣、敵対した群雄の紹介、戦争の展開を解説。事実中心に)
1.郷里と長安での出会い
2.緑林と南陽劉氏の挙兵
3.河北に集結する二十八星宿
4.西方戦線、赤眉と関中豪族、武安王延岑
5.南方戦線、破虜将軍鄧奉、楚黎王秦豊、周成王田戎、淮南皇帝李憲
6.東方戦線、梁漢皇帝劉永、斉王張歩、海西王董憲
7.北方戦線、燕王彭寵、無上大将軍張豊
8.隴西の朔寧王隗囂
9.成蜀の龍興帝公孫述
10.匈奴の皇帝廬芳、南越の女王徴姉妹
11.天下統一と功臣の宴会

d案.『光武帝と幻の永遠王朝 後漢』
(王莽と光武帝の政治方針を比較し、後漢の驚異的な繁栄などを解説する)
1.前漢の政治危機
2.王莽の改革と挫折
3.劉兄弟の挙兵
4.光武帝即位と天下統一
5.奴隷解放と人権宣言
6.土地調査と豪族との対決
7.古代最高の繁栄を記録した後漢王朝

e案.『光武帝言行録 人を動かす人心掌握術』
(光武帝の名言や成語を小見出しとし、個々のエピソードとその心理学的意味を解説する)
1.人を称える言葉
2.現実を冷静に見る言葉
3.自己を再点検する言葉
4.勇気を鼓舞する言葉
5.心を休めるユーモアの言葉
6.人間の本質を説く言葉

光武帝劉秀はただすごいだけでなく奥深くて面白い人物です。読んで面白可笑しくかつためになるように構成できます。

編集のみなさま、是非、ご検討をお願いします。
メール連絡先
スポンサーサイト
プロフィール

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。