スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新一覧

http://www.geocities.jp/kaysak864/liuxiu/49.htm
に追記

 皇帝劉秀がいたのは南宮であるが、郭聖通は北宮へと移った。郭聖通の五人の息子も一緒に北宮に暮らしたと記録される。五人の王は、賓客を多く集め威勢も大きかったことから、その母である郭聖通の待遇も相当に裕福であったと考えられる。

郭聖通が溺愛していた末っ子の劉焉のみは、死後も洛陽に残ることになった。郭聖通に愛児のことを何度も頼まれ、劉秀も手放せなかったのであろう。
スポンサーサイト
プロフィール

akira080227

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。