スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知恵袋の質問に回答する

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12157746982
※投稿しようとすると英文サイトに飛ばされて投稿できないので。

a.光武帝及びその家臣たちは全能力値90越えの化け物だらけ
 これがおかしいです。別に曹操、劉備、孫権あるいは劉邦の部下と比べてもやや優秀という程度で、極端な差はありません。

b.新王朝の武将たちは能力値60代の凡将だらけ
 これも変です。新王朝を倒したのは更始帝です。光武帝じゃありません。光武帝が戦ったのは、新王朝崩壊後に数十の群雄に中国が分割された乱世です。従って新王朝の武将はそもそも敵ではありません。そして敵対群雄にはかなり強力な敵がいます。

①「光武帝は主人公になっても面白くない」
 これは三国志を求めてしまうからです。すなわち、「光武帝は三国志にしては面白くない」と言っているだけです。光武帝は天下統一したので、三国志のような展開にならないのは当たり前で、本人がチートレベルなのは唐太宗や明太祖と同じです。
 光武帝の物語は、勇将の対決の要素は三国志と変わりませんが、孔明と仲達のような知恵バトルがなく、かわりに二十八星宿や予言書のようなファンタジー要素が強く、陰麗華とのラブストーリーがあるなど、方向性がかなり異なる物語です。中国では『秀麗江山』というタイトルで、劉秀と陰麗華とのラブストーリーが小説や連ドラとなり、まずまずのヒットを記録しています。

②「主人公になっても盛り上がらない」王朝の創始者
 確かに司馬炎は盛り上げるのが難しいと思いますが、どんな人物を選んでも結局は作家の腕次第でしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。