スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支配者でなくリーダーであること

劉秀の性格について考えていて、特徴的だと思ったことは、
人に命令しないこと。
杖罰でも、他の皇帝は打てと命令するのに、
劉秀は、命令するより先に自分から動いている。
とにかく命令を出して人を動かすということをあまりしない。
まず自分が動いて、後から人がついてくる。
指示を出すのではなく、俺がやるから真似しろ、というタイプ。
人の上に立つのが好きじゃないのがよくわかる。
本物のリーダー(リードする人、導く人)である。
二十八将を遠征に派遣するときも具体的な指示はほとんどなく、
明らかに兵法的に間違っているときに注意する以外は勝手にやらせている。

上に立つ人が何でも自分からやってしまうので、
部下もやらなきゃしょうがなくなる、という形で部下を動かしていた。

こういう自分で何でもやるタイプの君主だと、
部下は何もしないし、部下に何もさせないことがある。
典型的なのは項羽で、自分一人で戦ったので負けてしまった。
あの曹操ですら、曹操自身が常に動くだけで、
同時に部下が領土を広げて戦いを展開することなどなかった。
劉秀の場合は全く異なり、部下は自分の判断で勝手に動いていた。
これは他の時代の英雄にもほとんどない本当に凄いことである。

また行動するときあまり人に相談しないのも印象的。
通常は軍師格の人がいて何でも相談するという英雄が多いなか、
劉秀はすべて自分で判断して動き、
そこに他の人が進言するというパターン。
主君も家臣も自主的であるところが特徴的だ。
求めに答えて動く人たちではなく、常に自ら動くのである。
しかも相互に相談もせずに動き、それで齟齬が生じない。
劉秀とその家臣団は、志の統一された理想的な集団であると思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

akira080227

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。