スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城谷昌光、光武帝連載始まる

 すべってころんでエンディング経由で知った。

 次の朝刊小説 宮城谷昌光作「草原の風」
 後漢王朝の創始者、光武帝・劉秀。武勇と人徳で、奪われた国を取り戻す英傑の若き日々が躍動していきます。

 おおっこれは!? 私の本も出しやすくなるかもしれん。版元に説明しやすくなるじゃん。期待大。
 でも宮城谷光武帝だと、すんげぇ真面目な人間になりそう。なんでも聖人化しちゃうもんな……
 それでも武勇とユーモアと、ポイントは押さえてある感じが嬉しい。この二つこそ光武帝の必須要素だもん。
 期待と不安が混じるのは宮城谷先生にユーモアという言葉がイメージできないことか……。
 しかし決して塚本光武帝(笑)のようなことにはなるまいて。
 ああっ、でもよく考えたら宮城谷先生だと、最初の2冊はきっと光武帝の親父の話に決まってる。劉秀くん出て来ないに決まっているうぅ!が~ん。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

もうちょっとドラマチックに盛り上げてもいいのになぁ!と突っ込みながら読了しました。
突っ込みながらも上中下巻一気に読みました(笑)
高校で世界史教えてます。
授業で「婿にするなら劉家の秀さん」と熱く語っている身としては、
高校生ぐらいにもアピールする小説誰か書いてくれないでしょうかね~?

はじめまして

貴方は光武帝の書籍を出版なさりたくて仕方ないようですね(笑)

新 書 で 出 す な ら 、 私 も 買 い ま す よ ! !

たぶん、書店で見つけたら、体が勝手にカウンターまで運ぶでしょう。


それにしても、後漢光武帝を取り扱った評論書がないと言うのがナンセンスでなりません。
私も「光武帝は凄い英雄だ」と大きな書店探したもんですが、
「おい!ないのかよ」
とびっくりしました。

そのうち、塚本様が「光武帝」を小説で出したのぉ!(笑)

上巻の半分で萎えたわぁ!!


宮城谷先生のも楽しみです。
プロフィール

akira080227

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。