スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買った光武帝本


『刘秀全传:从一介布衣到东汉开国皇帝』
王惠敏
华中科技大学出版社(2012)


(劉秀全伝:一介の民間人から後漢開国の皇帝に)
中国の光武帝解説書。最新の内容っぽいので期待。



『最有本事的皇帝(第1部):天下雄主(天下雄主治世读刘秀)』
雷振
北京时代华语图书(2011)


(最も有能な皇帝:天下雄主)
アマゾンのレビュー数にびっくり。中国の光武帝人気は本物かな?




『最有本事的皇帝;治世读刘秀(第2部):荡平四方』
雷振
北京时代华语图书(2012)


(最も有能な皇帝:掃平四方)
主に中原統一まで



『最有本事的皇帝大结局:内圣外王』
雷振
北京时代华语图书(2012)


(最も有能な皇帝:内聖外王)
隗囂戦と公孫述戦が中心。統治の話は少ないみたいで残念。



『光武大帝:公元一世纪大汉再起』
张雪松(作家)
春风文艺出版社(2010)


(光武大帝:西暦一世紀大漢再起)
80年代後半生まれの作家の光武帝小説。全然途中みたいなんだが……ここから長く続くものなんだろうか?



『汉史不得不说的事儿:东汉卷 光武帝』
郑国明(作家)
广西人民出版社(2010)


(漢の歴史で言わないわけにいかないこと:後漢巻 光武帝)
光武帝の小説。





『광무제와 이십팔장』
이재석(中国文学)
상생출판(2010)


(光武帝と二十八将)
韓国の光武帝本。最初に道教における光武帝の28将と唐太宗の24将の話があったりする。道教ではなぜか萬修が重要な役割をしているようだ。二十八将の解説など。





『광무제 유수와 이십팔장수』
김창수(作家)
하문사(2010)


(光武帝劉秀と二十八将)
韓国の光武帝本。こちらは小説。千ページ近い大作。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。