スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰麗華は錬金術師一族の娘

葛洪の神仙伝には、
陰長生は後漢新野の人であり、和帝の皇后陰氏はその曾孫とある。
南陽の馬明生に道術を学ぶこと20年、太清金液神丹を授けられたという。
長生陰真人は『太清金液神丹経』という書を残したらしい。
後漢書では、和帝の皇后陰氏は、陰麗華の兄陰識の曾孫とある。
陰長生と同族であることは疑いない。
陰氏の先祖には竈の神を祀ることで大金持ちなったという記録がある。
竈の神とは火を使う作業に関連する神であり、
錬金術に関連したことで大金持ちになったことを示唆しているのだ。

このことはもしかすると、
光武帝の死去の前後に功臣の死が集中していることや、
後漢の代々の皇帝が異常に短命であることなどが、
唐の皇帝と同じく毒物に関係していることを推定させる。

まあこういう暗い方面へのネタの使い方ではなくても、
錬金術、錬丹術師に関連する人物を出すのは面白いかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:akira080227
Darwinism Psychology
光武帝と建武二十八宿伝
新書中心主義
電脳書庫(affiliate 本棚)
感情の系統図&意識の回路図

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。